リスティング広告はクリック課金の仕組みになっている

リスティング広告は、ホームページで検索をした後に表示される広告です。キーワードと関連する広告が表示されるため、ターゲット層に直接訴えかけることができるというメリットがあります。テレビコマーシャルや新聞広告などは、見ている人が必ずしもターゲット層とは限らないですが、直接ターゲット層に訴えかけられるリスティング広告は、その分結果につなげやすいわけです。リスティング広告は入札式になっていて、高い金額で入札をした方が上位に表示されやすくなります。あとは、コンテンツの品質が高い必要があり、この両者を併せ持っていれば、上位に表示されることとなります。料金は、クリック課金になっていて、クリックをした場合にその都度費用が発生します。クリック課金の単価が、リスティング広告の入札金額となります。

主にリスティング広告は、ランディングページと組み合わせて活用されます。ランディングページは、ターゲットを直接の購買につなげることを目的としていますから、うまく広告から誘導出来て、サイト構成がしっかりとしているならば、売上を伸ばすことが可能です。ランディングページの特徴としては、目立つページになっていることが挙げられます。大きな文字やイメージ写真などを多用して、気を引くためです。もちろん、それだけでは見た人が商品の購入をしてくれるとは限りませんから、商品を購入した場合にどのようなメリットがあるのかなどを示し、適宜裏付けとなるデータを提示するなど、信用をしてもらえるような作りにしています。

化粧品のランディングページを作りたい、という場合、化粧品のホームページの製作事例を参考にしてみると良いでしょう。同じ品目であるため、どういった構成にすればよいか、というテクニックを吸収することができます。もちろん、一つだけを見てもどこかがそのページで良い部分なのか、共通として利用できるテクニックかがわかりませんので、いくつかのページを見て、共通点を探るのがおすすめです。データの分析をして、それをフィードバックしていくことが、ランディングページでは大切なことですが、最初の段階ではこのようにテクニックを学んで作成することは重要ですし、効果的なランディングページを作っていくための基礎を作ることができます。その他、コストはかかりますが、ランディングページ、リスティングページの制作代行、運用代行サービスを利用するという方法もあります。