リスティング広告は掲載順位だけでは不足

リスティング広告を行う場合掲載順位が高いことは集客として有利なポイントです。GoogleAdWordsやYahoo!プロモーション広告の管理画面である程度掲載順位の目安がわかります。GoogleAdWordsでは品質スコアYahoo!プロモーション広告品質インデックスが該当します。リスティング広告での品質スコアの主要な要素はキーワードのクリック率や広告テキストの関連性やキーワードの関連性やリンク先ページの関連性が基準になっています。一方品質インデックスの基本情報は広告毎に1~5個の目盛り(スコア)で表示(1=低品質/5=高品質)や品質インデックスの値決定の主要な要素はクリック率や新しく広告を設定した場合、品質インデックスは様々な要素によ基づき決定といったところがあります。この数値が上がるとリスティング広告の広告ランクが上がります。入札単価を高くしても広告ランクが上がりますがその分コストが確実にかかります。

掲載順位が高いからと言ってリスティング広告が確実に効果的になると保証は全くありません。表示される確率が高くなって実際回数が多くてもクリックされなければ意味はありません。また広告で狙った効果になるわけでもありません。打開策として特にランディングページの質が高いことが重要です。同時にランディングページの品質は品質スコアが高い評価に繋がることもあるからです。あまりにも内容が悪い場合には広告が強制的に止められてしまうことも起こり得るのでランディングページの改善は習慣にすることがベストと言っていい域です。ちなみに基本的にランディングページの品質が悪いと審査に通りません。

今話題のHPと製作の域にするためにはファーストビューでしっかり捕まえられているランディングページであることです。いわゆるパッと見ただけでの印象が良いほどランディングページをしっかりみてくれる率が上がるからです。具体的に数値にすると最下部への到達度が40%程度になります。印象が悪い時はその半分以下がほとんどです。なぜパッとみただけになるのかは利用者はユーザーのネットでの基本動作は「流し読み」だからです。何らかの興味を惹かない限り上からじっくりと読むような動きはしていません。よって傾向を知るため商品のことをまったく知らない人にランディングページを見てもらった場合の利用者の反応をチェックの習慣からランディングページの改善に試行錯誤することは重要ポイントです。