検索エンジンに表示されるリスティング広告のクリック単価について

リスティング広告の特徴は、検索エンジンと連動した広告が表示されることです。つまり、キーワードと関連のある広告のみが表示されます。その結果、通常の広告とは異なり、ターゲットにより訴えかけやすいという利点につながります。これは当たり前で、検索をする人は少なくとも、そのキーワードに興味関心があるわけで、リスティング広告はそれと関連している広告である結果、ターゲットに訴えかけやすいこととなります。webマーケティングではよく用いられており、ランディングページのリンク元として活用されています。

ランディングページは、リスティング広告と一体として、ダイレクトな成果につなげるために運用されます。健康食品や化粧品といった通信販売から、弁護士、水道修理、住宅見学会などのサービスなどの利用者を集めるためにも活用されます。重要な点が、ダイレクトな結果を目的としている点です。つまり、見た人がそのサイトから直接購入や問い合わせをすることを目的としています。これは、リスティング広告をリンク元としているので、見ているのはターゲット層であること、ランディングページが、直接の購入や問い合わせをしてもらえるような作りになっていることから、直接の効果を期待することができます。

リスティング広告は、クリック単価が設定されていて、クリックされればクリック単価に応じて料金が発生する仕組みとなっています。クリック単価は、入札で決まります。入札は、最低価格が決まっているので、リスティング広告を出したい人は、それ以上の価格で入札を行います。クリックしただけ費用が発生するため、効果が上がらなければ広告費が無駄になってしまいますので、広告文やサイト構成はしっかりと考えて対応しなくてはなりません。

健康食品のHPの運用を考えているのであれば、自前で作成をするか、運用代行会社を利用することになります。自前で制作するにはノウハウが必要ですが、大手企業もリスティング広告やランディングページを運用していることを考えると、自前で対応するのは難しいです。そこで、結果を求めるのならば、運用代行会社を頼った方が無難です。運用代行会社は、ホームページで実際の運用実績として、企業に依頼されてきたランディングページを紹介していますので、もし制作運用代行会社を利用するのであれば、これらの情報を基にして、利用する運用代行会社を選んでいくようにしましょう。