リスティング広告におけるクリック単価について

会社や商品の売上を伸ばすためには、まず優良商品の開発や会社の無駄な経費のコストダウンが大切です。しかしいくら良い商品を作っても、一般のお客様に知っていただかなければ商品購入には繋がりません。このため幅広くユーザー様に認知していただくためには、宣伝が必要になります。予算に余裕があるならばテレビCMや新聞広告を出稿するのが良いですが、一般企業には非常にハードルが高いです。

このため現在リーズナブルな広告費用で宣伝効果の高いウエブ公告が注目を集めています。ウエブ広告とは文字通りインターネットを中心としたネット上で広告をすることです。現在はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットも普及し外出中でもネットに接続することができますので、広告における効果も向上しました。一口にウエブ広告と言っても様々な種類があります。テキスト広告やバナー広告に、最近ではfacebookを中心としたsns広告も広がりつつあります。その中でも人気なのが、リスティング広告というウエブ広告です。リスティング広告とは、検索エンジンなどで特定の単語を検索した時に、検索画面トップに検索した単語に関連した商品のHPアドレスが表示される広告のことです。検索連動型広告とも呼ばれています。

リスティング広告のメリットは、お客様のターゲットが絞られるのでコストパフォーマンスが優れているところです。商品の購入を希望するお客様を特定して宣伝するのは、テレビや新聞広告では難しいです。この点リスティング広告では商品に興味のあるお客様に向けて広告が打てるだけでなく、商品について詳しく書かれている自社のHPに誘導することができるメリットがあります。類似した広告にSEO広告もありますが、両者の大きく異なる点は表示をコントロールできるかどうかです。

リスティング広告は常に最上位に表示されますが、SEO広告は検索エンジンの表示順位の決定に委ねられるため上位に表示されるとは限らないのです。このような理由もあり、リスティング広告が人気を集めるようになりました。リスティング広告の広告費用はクリックされた数とクリック単価によって決められていますので無駄な費用の発生がありません。クリック単価の相場は、おおよそ300円前後です。通販のホームページと相場を比較しても、それ程高いわけではありません。リスティング広告特徴をよく検討して導入するかどうかを決めましょう。