リスティング広告でクリック率を改善するには

リスティング広告初心者の方が、初めて広告を配信する場合、自分の広告がどの程度クリックされるかということは、やってみないことにはわからないものです。そして、実際に広告配信を始めてみたところ、思っていたほど広告がクリックされない、という場合もあることでしょう。そのような場合何が原因でクリックされないのかを考える必要があります。

まずは、リスティング広告におけるクリック率とは、広告のクリック数÷表示回数×100の計算式で表される、広告がクリックされた頻度を示す割合の事です。この値が高い程よくクリックされていることを示します。クリック率は、業種やキーワードによって大きな違いがありますが、全体的な平均値としては、1%位と言われていますので、もしあなたの広告が1%より低い場合は、改善策を考えた方がいいかもしれません。改善策としては、「広告文を見直しする」「広告表示オプションを設定する」「広告の掲載順位を上げる」という方法があります。

まず「広告文を見直しする」について説明します。あなたが作った広告文はそのページに訪れた人にとってインパクトが弱い可能性があります。なぜインパクトが弱いのかをよく考えてみましょう。あなたが作った広告文には、検索されたキーワードが入っていますか?もし入っていなかった場合は、特にタイトル部分にキーワードを入れてみましょう。それから、同時に掲載されている他の広告文と比べて、どこかの部分で負けてはいませんか?競合他社の広告文をよく研究し、まねるところはまね、埋もれてしまわないよう独自の言い回しも研究しましょう。更に、全てのキーワードに対して同じ広告文を当てていませんか?これではクリック率が低いのは当然です。リスティング広告では、キーワード毎にそれぞれ広告文を作成することで、高いクリック率を得られますので、面倒でもこの作業を開始しましょう。

次に「広告表示オプションを設定する」についてです。通常広告文を作る場合、「タイトル」「説明文」「遷移先ページURL」が必要ですが、それらに加えて商品やサービスの特徴を広告表示オプションとして、単語や短文で付けることが出来ます。広告表示オプションを付けることで、広告の見た目のボリュームが増すのでクリック率が上がります。

最後に「広告の掲載順位を上げる」ですが、これは単純に入札単価を引き上げて、上位表示させるという事です。どんな広告も、順位が上であることでクリックされやすくなります。但し広告費が急激に増える可能性がありますから、徐々に引き上げていくことが大切です。いったんクリック率が向上したら、また、入札単価を徐々に下げていき、最適な順位でいられる入札単価を見つけます。この方法は、広告文の改善や表示オプションを付けることと同時に行うことが大切です。