リスティング広告に必要な競合調査を行おう

リスティング広告には、より多くのユーザーを誘致するための手段として競合調査を行う必要があります。リスティング広告で何らかの宣伝活動を行う際には、自分が作成したサイトやランディングページに関連する特定のキーワードを入札する必要があります。しかし、自分が作成したサイトやランディングページよりも遥かに規模が大きなサイトが関わっている場合には、そうしたサイトに主要なキーワードを既に取られているかもしれません。

基本的に、リスティング広告に限らず、SEO的な活動や対策を行う際には、大手のサイトが使っているビッグワードは避けるべきです。競合相手が強すぎると、そのキーワードを利用してもまともにクリックしてもらえない可能性が高くなるので、宣伝としての効果が本島にあるかどうかがわからなくなってしまいます。費用対効果がわからないところに投資をするのは無駄なので、こうした基本をまずは理解して事前に競合調査をしておくことが大切です。

リスティング広告でクリックをしてもらった後には、ランディングページや運用サイトを閲覧してもらって、商品やサービスを利用してもらう必要があります。そのため、高品質なホームページと製作会社の関係性も考えておかなくてはいけません。高品質なランディングページを提供する場合には、専門の業者に任せてページを作ってもらうのが基本です。ただ、ランディングページを作ってもらうとはいっても、作ってもらったページから収益が上がらないのでは意味がありません。ランディングページの作成プランはそれぞれの業者によって大きく異なっていますし、目的によってかなり異なります。

ページを作成する際のコンセプトが既に出来上がっている場合にはそのデータを業者に提供することで、費用を抑えたり効率的なページ制作を行うことができます。一方で、ランディングページの作成に関して何も決まってない状態で、業者にすべて任せる場合にはそれ相応の費用を準備する必要があります。当然ですが、この場合にはリスティングで消費した費用やランディングページを作ったときに支出した費用を回収できるだけの効果を期待できなくてはいけません。

リスティング広告を使うと、ユーザーを誘致できるのは事実です。しかし、誘致した後にどれだけのユーザーが商品やサービスを利用してくれるのかに関してはサイトやランディングページの出来次第になりますので、それらの点は分けて対策を行うことが重要でしょう。