リスティング広告での記号の取り扱いについて

オンラインで商品を効果的に売るためには、ランディングページと、広告などでの集客が必要です。広告は集客には適切な手段ですが、直接商品を販売するのは、ランディングページの役割です。ランディングページに集客をするための、オンライン広告には、様々な種類があります。その中の1つであるリスティング広告を配信すると、インターネットユーザーの検索結果の上部に、広告が表示されます。リスティング広告は、出稿時にキーワード設定をします。そして、ユーザーが検索に使ったキーワードと、広告出稿時に設定したキーワードが一致すれば、広告が表示されます。そのため、ニーズが顕在化しているユーザーを、ランディングページに誘導することができます。リスティング広告は、非常に安く配信できますが、出稿時には注意点もあります。

リスティング広告では、いくつかの記号の使用が、認められていません。使用が認められないものを使うと、広告の配信ができません。また、リスティング広告の配信元によって、使用が認められている記号は異なります。例えば、グーグルであれば、矢印系の記号を、あまり使用することができません。しかし、半角のものや、使用できる括弧の種類は、グーグルでは多いです。ヤフーの場合、使用できない半角記号が多いです。さらに、他にも本来の意味で使っていなかったり、連続使用をしている場合、審査に落ちてしまいます。顔文字の使用、機種依存文字、同じ記号の連続使用も、審査に落ちる原因となるので、注意が必要です。

リスティング広告を出す目的は、ユーザーをランディングページに誘導し、商品を購入してもらうことです。そのため、広告配信前には、広告に関わることだけではなく、ランディングページを調整することも、同時に必要とされます。また、リスティング広告だけではなく、広告全般に当てはまることとして、費用対効果の検証は重要です。仮に、多くの商品が売れていても、広告費が高すぎれば、赤字になる可能性があります。今話題のHPと費用対効果の測定について詳しいことは、オンラインでビジネスをする際には、必須の条件です。ランディングページにはトレンドがあり、良質なコピーを書けるとしても、トレンドを外してしまうと、販売は上手くいきません。費用対効果の測定ができなければ、最悪のケースでは、赤字が発生していても、それに気がつきません。広告を配信する場合、広告だけではなく、それに付随する業務に詳しいことが、成功のためには必要です。