リスティング広告を海外マーケットで出稿するポイント

リスティング広告は海外のマーケットでも注目を集めています。
興味関心を持つユーザーを集める事が出来るリスティング広告は、日本のマーケットよりも海外のマーケットの方が巨大であり、海外のマーケットに参入したいと考えている企業も多いと言えましょう。

日本国内のマーケットの場合は、リスティング広告のタイトルや広告文は日本語で制作を行えば良いのですが、海外の場合には英語やフランス語、ドイツ語などの様にターゲットユーザーに応じて言語が異なる、それぞれのマーケットに適した翻訳が必要になります。
僅か30文字などの文章の翻訳になるので、あえて翻訳会社に依頼をしなくても、翻訳ツールを使えば良いと考える人も多いのではないでしょうか。

現代の翻訳ツールは進歩が目覚ましいものとなっており、簡単な文章を英語にする、ドイツ語にする時には便利であると考える人も多いかと思われますが、実際に翻訳ツールで訳した文章は、固有名詞が直訳されている事もありますし、文法が間違っている事もあります。
翻訳ツールを使って訳した文章が正しいものであるのか否かをチェックする事が出来る場合には利用する価値はあるかと思われますが、文章のネイティブチェックが出来ないのであれば専門家に依頼するのがお勧めです。

外国向けのアカウント作成や外国語の対応について。
海外マーケットでリスティング広告を出す時には、最初にアカウントの作成を行う必要があります。
アカウント作成自体は日本のものと変わらないので問題はないのですが、問題となるのは外国語の対応です。

配信を開始した後には、検索クエリを調べて入札すべきか、それとも除外するのかを判断する、広告文の中にある訴求の細かなニュアンスを変えるなども必要になります。
最近では、リスティング広告の翻訳を専門に行う会社もあります。
文化や風習などに精通している運営代行を行う会社に依頼する事で、海外のマーケットの中での集客を期待出来るようになります。

高品質なHPと実績について。
日本語で作成したランディングページを外国の中で運用するケースもありますが、日本語を英語などに翻訳しただけでは文化や風習などが国により異なるので、リライトなども必要になります。
ランディングページの運用などを手掛ける会社の中には、対応国に最適なコンテンツ制作が可能な専門業者もあるので、マーケットを世界に向ける時などは実績を持っている所を選ぶのがお勧めです。